展示情報

まちNAF文化の家・市役所エリア

愛知県立芸術大学デザイン科同窓会展『帰巣展十』

文化の家・市役所エリア

  • 長久手市中央図書館
  • 10月10日(水)~10月21日(日)

2016年に開催しました愛知県立芸術大学デザイン科8期同窓会展『帰巣展』を、今回から期を越え、デザイン科同窓会展『帰巣展+』として再び開催することになりました。
デザインのジャンルを越えた様々な展示をぜひご覧ください。

作家情報

未定

冨田 徹(とみた とうる)

デザイン科3期生
実際に行く事がなかなか難しい厳冬期の山へ実際に行き それを水彩画で表現した作品です。

平面 w850×h660(cm)

『color harmony 2018』

古山 庸一(ふるやま よういち)

デザイン科3期生
何を表現したいのかのイメージがなければ絵は描けないと思って絵を描くのをあきらめている人はいませんか?
イメージがなくても、描画技術がなくても、楽しく制作ができていい絵が描けます。
 本当だろうかと疑っている人はアートフェスタで「古山庸一」の作品をご覧ください。そしてお話ししましょう。

平面 610×730 (cm)

『金象妙華』絞り染

祖父江治生・光恵(そぶえ はるお みつえ)

デザイン科3期生
昔からの括り技法で制作した絞染のアートパネルです。
糸目の染跡に、布と糸との括りの叫び声を聴き取っていただけると 嬉しいです。

平面 370H×510W(cm)

暮らしのペーパークラフト-干支のティッシュBox

安田 洋子(やすだ ようこ)

デザイン科3期生

平面

動くモノ・もの/動物たち

江口 倫郎(えぐち みちろう)

デザイン科3期生
動くモノ=自動車.動くもの=動物.両方とも同じように可愛がられる存在です.これらをモチーフに半立体作品に仕上げ,壁や額縁等の環境や枠組みに囚われず,会場空間に楽しく展開します.

立体 W90×H60(cm)

For Marimbist

木野瀬 正人(きのせ まさと)

デザイン科5期生
グラフィックデザインの現場から遠ざかって以来、
身近な素材を再利用したオブジェづくりを楽しんでいます。
これは不要のマリンバの鍵盤を台にしたもので、
マリンバ奏者の手元に置いていただくと嬉しいかなという想いで作りました。

立体 横幅13~20cm程度、高さ6~15cm程度、奥行4cm程度(cm)

『ローズ(H・C) 』

雨宮史郎(あめみや しろう)

デザイン科3期生

立体 W300×D300×H200 (cm)

輝きのとき

稲葉佳子(いなば よしこ)

デザイン科8期生
染織家からファイバーアート制作へ
昨年から金属糸やネットを使用した作品展開に
基本は自然との対峙がテーマ
移り行く季節を心象風景と捉えながら出会う素材で表現

立体 20×80(cm)(cm)

BOOKデザイン『中くらいの友だち』

高橋潤子(たかはし じゅんこ)

デザイン科8期生
磯田教室。
昨年創刊の、最高でも最低でもない中くらいの友情のすすめの雑誌、『中くらいの友だち』の装丁。
執筆者は在韓日本人と在日韓国人。ややこしい政治色の全くない今の韓国の文化や生活の本。
表紙は私たち日本人にも馴染みやすい「李朝餅型」のデザインで。

立体 15×21(cm)(cm)

三角テーブル&思い出の宝石箱

黒河優子(黒河デザインプロダクツ)(くろかわ ゆうこ)

デザイン科8期生

立体 w45×39×h71(cm)

湯のみ「80mm」

秋田道夫(あきたみちお)

デザイン科8期生

入れたてのお茶が、湯のみが熱くなり過ぎて持てない(飲めない)という
経験をし「入れたてのお茶が楽しめる湯のみ」を考えました。
「80mm」という名前は縦横高さがすべて「8センチ」だというところから
来ています。
瀬戸市にあるセラミックジャパンで作って頂いていますが、二層構造は作る
事が難しく何度も生産が中断しました。
誕生してから早くも12年が経過しましたが、今でも売り続けています。

立体 8x8x8(cm)

海の宙

吉田賢治(よしだけんじ)

6期生。銅版画家。30年程前に名古屋より伊勢志摩に移住し、長年「海女」をテーマに銅版画を制作しています。個展、グループ展多数。イオン発行の伊勢志摩サミット記念ワオンカードに海女の作品が使用されています。

平面 30.0×20.0㎝(cm)

大平宿 秋

岩田 滋(いわた しげる)

6期同窓の友人から声をかけられ参加させて頂きます。
長年勤務した会社を定年退職してはや8年・・・
今は悠々自適な日々を過ごしていますが、SNSなどの進歩には追て行けなくなりました。
作品は水彩画で木曽の廃村となっている大平村の廃屋です。
(廃屋とは言っても飯田市に申請して宿泊することが出来ます)

40×35(cm)

プロローグ

杉井栄枝子(すぎい さえこ)

デザイン科 10期生
岩絵の具に魅せられて数十年。何とか想い描く世界観を表現できないかと奮闘する毎日です。
「帰巣展+」では、先輩の方々に仲間入りさてて頂けて、とても楽しみです。

平面 117×72(cm)

model of L.R.[sheep]

杉井観峯(すぎい かんほう)

デザイン科 8期生
「行雲流水」と云う言葉が好きで、無心に制作を楽しんで来ました。
作品の手法や素材・ジャンルは多種多様ですが、全て私の表現だと思っています。
今回は絵画作品「model of〜」のシリーズから展示させて頂きます。

平面 91×60(cm)

愛する MOBO

北谷しげひさ(きたたに しげひさ)

デザイン科 8期生

わが家の猫は、代々モボと呼んでいます。その三代目モボを描いてみました。基本的にデジタルで仕事をしていますが、久しぶりに、超アナログの水彩で表現しました。
世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018 入選作。

平面 72.8×103(cm)

紙造形

宮下香代(みやしたかよ)

デザイン科17期
主に紙と針金を用いて制作しています。
和紙のオブジェ、モビールなど

立体 15×15(cm)

draw

稲村秀明(いなむら ひであき)

デザイン科8期
このところ年に1点、こんな絵を描いてます。画材の消費はミニマル。
絵具箱には学生時代のチューブも2~3本残ってます。

平面 45.5×37.9 (F8号)(cm)

みらくーる(仮) ころくーる(仮) パターンボード

ねもといさむ(ねもと いさむ)

デザイン科8期

1.みらくーる(仮) 
パターンの上で動かして、鏡に映るパターンの変化を楽しみます。
2.ころくーる(仮) 
 パターンの上で動かすと、アクリル円柱に映るパターンが回転しているように見えます。
3.パターンボード

立体 1. 8φ×4 2. 8×8×2 3. 24×24×0.5(cm)

詳細情報

開催期間
10月10日(水)~10月21日(日)
場所
長久手市中央図書館
部屋
2F
所在地
〒480-1168 愛知県長久手市坊の後114
電話番号
0561-63-8006
Webサイト
http://library.city.nagakute.lg.jp/
アクセス
リニモ「はなみずき通駅」から徒歩7分
駐車場
78台

長久手市中央図書館は、多くの方に気軽に集まって学んでいただくための施設です。NAF期間中は、絵本にちなんだ催しを行います。