山田 明広                 「たんぼのみんな」               東山みんなたんぼ

・氏名
山田 明広

・作品題名
たんぼのみんな

・作品概要
今回展示場所となる”東山みんなたんぼ”では、僕自身メンバーとして開墾から関わっており、2年目を迎えています。
日々この田んぼで活動していく中で、たくさんの動植物や虫、微生物などと出会ってきました。
また稲作という古くから培ってきた自然と人との関わりやサイクルを、手や足を動かし感覚を研ぎ澄ますことで思い起こせないかと思っています。僕たちがなくしてきた感覚と出会い直し掬い上げたいのです。

この田んぼで出会っていく物事が、僕の養分として蓄えられているのです。

たんぼのみんなを僕なりの目線で紹介するような展示になればと思います。

・作品制作年
2022年

・作品サイズ
インスタレーション

・素材
稲藁、田んぼの土、農業用不織布、竹など

・作者プロフィール
山田明広
愛知県出身 1994 年生まれ
北里大学 生物環境科学科を卒業後、岩手県にある写真家の持つ土地で居候を始める。 そこで田んぼや畑、林、池、川、たくさんの生き物に囲まれながら、 湧き水を汲み、薪を割り、ビニールハウスのアトリエで絵を描きながら暮らす。 その後地元に戻り、絵画やインスタレーションなどの制作活動をする傍ら、耕作放棄地を再生 した稲作や環境教育 NPO のスタッフとして活動している。

2016年
アースデイ青森 2016 木片に絵を描く WS (青森)
個展「自分を解き放つ」@アトリエいっぷく (青森)
2017年
アースデイみやぎ大崎 2017 WS「植物をまとう」(宮城)
2019 年
コヅカアートフェスティバル 2019
ユニット Yutreet Boys.足草 として参加(千葉)
2020年
APA BEST 10 vol7 @GALLERY APA(愛知)
個展「青い生命」 @GALLERY APA(愛知)
かがみはら稲作アートフェスティバル2020 田んぼでアート(岐阜)
2021年

たたらの杜 藝能藝術奉納祭 @松原神社(愛知)
かさでら観音亀池アート(愛知)
 花とポストカード展 @tane (愛知)
Artwalk ホウボウ 2021 (愛知)
長久手アートフェスティバル 2021(愛知)
個展「青い土地」 @GALLERY APA(愛知)
かがみはら稲作アートフェスティバル 2021(岐阜)
3 人展「絵と陶」@古民家久米邸(愛知)
2022年
あやしい世界!? 特別展覧会 @GALLERY APA(愛知)
コヅカアートフェスティバル 2022
ユニット Yutreet Boys.足草 として参加(千葉)
個展「青い窓」 @GALLERY APA(愛知)

コメントを残す