寄川桂                   「聚福院との時空を遊ぶ」             聚福院

・氏名

寄川桂

・作品題名

聚福院との時空を遊ぶ

・作品概要

熱く耀きながら、永い永い時空の中で、変化していく、生命体のような作品を創りたいと、想っています。

でこぼことした凹凸が、幾重にも重なり、変化して行きます。

ドキドキ、ワクワクしながら、時空を遊んでいる作品です。

眺めていると、元気になれる作品です。

名古屋清須より、昭和41年に、当地に移築され、今尚、人々に愛されている、歴史ある聚福院の境内との、

時空を超えて遊んでいる作品です。

・作品制作年

2022年

・作品サイズ

各種

・素材

麻布、アクリル絵の具、その他

・作者プロフィール

行動美術協会会員

NAF実行委員

NAF(2110~2022年・聚福院、文化の家、色金山胡牀庵)

女の仕事展

金工堂個展

その他多数

コメントを残す